沿革

1949年10月 横浜貿易協会の会員を中心にして横浜市に於ける戦後初の高層ビルを建設する為、資本金4,625万円で設立
1950年6月 資本金1億円に増資
12月 横浜ビル竣工
1960年 定款の目的事項に「損害保険代理業」を追加
1982年4月 資本金2億1450万円に増資
1987年 定款を改定しリース業へ進出
1991年 機械式駐車場を設置
1995年 9月期決算から3月期決算に変更
1997年 ビル躯体耐震補強工事の実施
2004~2006年 空調機器の更新
2007年12月 ビル共用部の照明器具を更新
2008年3月 エレベーター(3基)新替工事の実施
12月 横浜環境行動賞分別優良事業所(三ツ星事業所)に認定
2009年3月 水回り設備(含むトイレ)改修工事の実施
3月 ビル1階ホール照明改修工事の実施
6月 株主「日本郵船(株)」保有の当社株式全株を「郵船不動産(株)」に譲渡
12月 横浜環境行動賞分別優良事業所(三つ星事業所)2年連続認定
2010年 ビル消防設備改修工事の実施
12月 横浜環境行動賞分別優良事業所(三ツ星事業所)3年連続認定
2011年11月 横浜環境行動賞「3R活動優良事業所」認定
2012年11月 横浜環境行動賞「3R活動優良事業所」2年連続認定
分別優良事業所から5年連続認定
2013年 横浜型地域貢献企業(最上位)に認定                  横浜環境行動賞「3R活動優良事業所」3年連続認定
2014年~2016年 横浜環境行動賞「3R活動優良事業所」6年連続認定

横浜ビルの歴史

昭和24年10月24日に開催された当社の創立総会におきまして横浜ビルの建築経緯が次のように記録されています。

『先の大戦により横浜における主要地の建物はその大部分が焼失し、わずかに残存した建物も終戦後進駐軍によって接収されていました。戦後、対外貿易再開後、業務が活発に回復したにも拘わらず貿易関係者は営業拠点を確保できず商機を逸するような状況でありました。この事態を打開するため貿易庁(現在の経済産業省)及び横浜貿易協会は、昭和23年11月以来事務所の建設計画の具体化を研究、しかしながら敷地選定に際し適当な土地が確保できず大変苦難致しました。このような折、神奈川軍政部が計画の趣旨に賛同し、軍接収地の解放を斡旋、土地所有者である  日本郵船の了解を得て現在の土地を確保し、ようやく横浜ビル着工に漕ぎつけました。 』

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

045-201-4451

  • 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日を除く) 9時~17時